ってなんでしょう。

 

と、最近のこの感じの入り方にあまり飽き飽きせず、たまには考えてみるのも悪くないと思うんですよ。

 

今回のこのコーディネートを見て(主観的に)やっぱりこの土臭い感じは好みだな。と。

 

表題の「おしゃれ」というキーワードに当てはまるかどうかはそれぞれ別の視点がありますから「これがおしゃれなんだ!!」

なんてことを声を大にして言うつもりは更々ないんです。。。が、たぶんこういうスタイルは消えてなくなる事はまあないんじゃないかな。

って、とても勝手に思っています。

 

視点によってはいい事ではありますが、あまり凝り固まり過ぎているとそれはそれで成長の度合いというか次のステップに向かう際に、時として足枷になってしまうので注意が必要。

というのは大前提としますが、フレッシュなモノの良さってのはある程度の固まった感覚があってこそ。だと思うんです。

 

つまり何が言いたいのかというと、それはある程度しっかりと形成できた上で。ということにはなりますが、真新しいモノとそれら土台の両立が大切だよな。やっぱり。ということ。

 

デザインに拘って拘って他の追随を許さない先鋭的なデザインなんてモノが仮にあったとしても色々な角度から実用性という観点が反対に備わっていないとしたらそれはそれでまた話が変わってくるような気がするんですよね。やっぱり。

 

かと言って、スタンダード。とかベーシック。とかばかりをまくし立て、固まった感覚だけではそれもまた話が変わってきますしね。

 

相変わらず、自分の文章能力の乏しさに嫌になりますが、つまりは「おしゃれ」もなにかと大変ですね。。。

ということを思った次第で御座います。

 

 

 

 

018

 

 

 

059

 

 

 

052

 

 

 

043

 

 

 

017

 

 

 

050

 

 

 

036

 

 

 

034

 

 

 

026

 

 

 

010

 

 

 

046

 

 

 

063

 

 

 

066

 

 

 

068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【お知らせ】

今朝方弊店の不手際により一時web shop内でのご注文ができないシステム上の不具合が御座いました。

現在は復旧し、通常通りご注文をお受けできる状態となっております。

皆様にはご不便とご迷惑をお掛けしましたこと深くお詫び申し上げますと共に、今後とも変わらぬお引き立てのほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

商品へのご質問やお問い合わせは コチラ もしくは mail からお気軽にどうぞ。