086

 

 

 

 

いや、もしかするとひび割れなんかじゃなくて、植物が貼り付いているのかも。

どちらでもいいんですが、とりあえず目の前にある壁は壊せなかったとしてもひびを入れなくてはいけないと思います。。なんのこっちゃ。

 

コーディネートのご案内です。

 

 

 

 

 

058

 

 

 

055

 

 

 

047

 

 

 

044

 

 

 

038

 

 

 

027

 

 

 

024

 

 

 

021

 

 

 

009

 

 

 

049

 

 

 

077

 

 

 

082

 

 

 

 

 

視点を変えると正直古臭く映るかもしれないこういうスタイル。

真新しさには欠けますが、それでも変わらない普遍的なカッコ良さってのがあります。

新しくはなくても、スリムな517のブーツカット、少し裾の短いモノをチョイスしてブーツはペコス。

 

ひび割れくらいのイメージで少しの変化でいいから加えてあげるとその感じ方は変わります。

 

ぜひお試しあれ。

 

 

 

 

 

103

 

 

 

094

 

 

 

100

 

 

 

096

 

 

 

 

 

商品へのご質問やお問い合わせは コチラ もしくは mail からお気軽にどうぞ