なんとも響きのいい単語。続けるとなんとなく語呂もはまってる

 

こりゃあしばらく余計に使ってしまうかもしれないので耳にした方はフワッと受け止めて下さい

 

 

 

 

 

 

022

 

 

 

 

 

スイス軍のカモフラージュ

 

レインポンチョです

 

 

カモフラージュ柄ってのはファッションととても密接な関係であることはご周知の通りだと思います

 

中でもスイス軍のこのカモフラージュは赤(エンジ?)が入ることでよりその印象が強くなる

 

英語の表記だとAlpenflage

 

日本だとアルペンカモと言われるカモフラージュでその多くはマウンテンジャケットやそれに付随するパンツが有名どころ

 

体全体をすっぽり覆うポンチョでかなりのボリュームがありタウンユースではかなり目立つ、且つ印象的なアイテムです

 

シーズン的にはアウトドアのお供として考えてもいいかもしれないですね

 

まさにタイトル通り

 

 

そしてもう1つ、個人的にとてもおすすめしたいのがこちら

 

 

 

032

 

 

 

 

 

5 brotherのマチ付きのフランネルシャツ 年代は凡そ40年代頃のもの

 

多く存在するチェック柄ではなくプレーンのタイプは経年変化により紫が退色し、少しだけ茶色が掛かったような独特で唯一無二の雰囲気

 

ここまでのものは見かける機会が極端に少なくなるように思います

 

何が良いかって言われて具体的に言葉にすることは僕はあまり上手な方ではないですが真っ先に頭に浮かぶことはやはり古いものはシンプルで良い

さっきのに限らずですがミリタリーのアイテムもそう

 

シンプルだからといってそれはお粗末とはもちろん違うし、場面や用途に応じてファンクションがしっかりと備わっている

 

 

 

ついこないだある男らしい後輩がフワッと言っていた言葉で

 

目に見えてわかりやすいものに惑わされないように

という言葉はやっぱり大事だし、どことなく感覚的にピタッとくる

 

 

 

さあ、空も少し晴れ間が見えてきたでしょうか?

 

今日は狸小路でお祭りしてますね

出店も色々あるみたい

 

時間の都合が合えば覗いてみるのもいいかもですね

 

 

 

 

 

商品へのご質問やお問い合わせは コチラ もしくは mail からお気軽にどうぞ