IMG_000048-2 - コピー

 

 

 

 

photograph by Shota Tanaka 

 

 

 

昔から変わらず大好きなところ

 

ペンキが飛んでいたり、色が退色していたり、破れを補修していたり、もしくはそのままだったり

 

色々あるように、服にも色々ありますが自分が大切だと思うことは一時の感情に流されずに貫きたいですね

 

まあ、間違いもあるし、それを上手く活かせることが難しいんですが。。。

 

 

 

 

 

 

075

 

 

 

 

 

070

 

 

 

 

 

128

 

 

 

 

 

124

 

 

 

 

 

120

 

 

 

 

 

113

 

 

 

 

 

109

 

 

 

 

 

105

 

 

 

 

 

097

 

 

 

 

 

093

 

 

 

 

 

091

 

 

 

 

 

090

 

 

 

 

 

085

 

 

 

 

 

080

 

 

 

 

 

 

ランダムに色々そのあたりを着用してみました

 

とにかく佇まい勝ち

 

服に頼りたくないからシンプルな服を。ってのは感覚の中で意識したいところではありますが

パーソナリティも同様に時としてその経験値や造詣の深さにどうしても及ばなくなる場合がありますよね

しかも、周ってその先もあったりする

 

ここらの洋服はそこに近い感じがします

 

数々の歩みを経てここに至る

それぞれの洋服にそれぞれの経験がある

だからどうしても大きな存在に見えるし、素晴らしいモノとして感じる

 

理由はないです 感覚の問題です

 

ぜひ店頭で

 

 

 

 

 

商品へのご質問やお問い合わせは コチラ もしくは mail からお気軽にどうぞ