001

 

 

 

こんにちは。

 

いよいよ積雪でしょうか。そんな季節になってきましたね。

 

 

 

さてさて

 

 

本日はsample styleを更新しております。   こちら    からぜひご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

ここから下は余談ですので手隙の際に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このカテゴリで特に意識しているのはシンプルにハイポジションらしさを出せるスタイリングということ。

 

 

人によっては少し異なる見方になるかと思いますが、今までのベースを保ちながら、増やし、削ぎ落とし。

の、繰り返しから更に何か発見していこう。というニュアンスです。

 

革新的なアイディアって自分で思い付くものはそう多くないはずですよね。

 

閃いた。

なんて思ってもどこかで誰かが既に考え付いていたり、そこからの焼き回しだったり。なんていうのはしょっちゅうな気がします。

(良いとか悪いとかじゃなくてどんなジャンルであれ現実的にそんなのはざらっていう意味です)

 

それをあまり意識せずに色々な肉付けや削除の過程が意味を成すし、今までのそれを途中で捨ててしまったら何の意味も持たなくなる。

それを成しているから今構築できる事って多いと思うし、だからこそ、そこに色んな付加価値が出てくるんだと思います。

 

ある種のルール的なものも含めて、変わらない何か。とかってのは間違いなく存在していて

それは個々のそういうものから存在してくるのかな。と。

 

ひっくり返るくらいの衝撃みたいな、相当なことがない限りそれはあり続けるのだろうし

仮にそんなことがあったとしても揺るがないようであればそれはより進展していく気がします。

 

あくまでもインプットは必要な受信であって、その先にあるアウトプットがそれら経過を周到した後の最も洗練された表現です。

 

 

だからここはある意味僕ら自身でも振り返られるようなセクションにしていきたいな。と。

 

おこがましい内容ですが、少しでもここから何かしらを発見でたり、肉付けや削除を繰り返したり

更にはインスピレーションを受けて別の個人的に新しい何かを生むことが出来たり。です。

 

しばらくの間そういう場所を確保することが叶いませんでしたが、組み立てていけるような環境が整ってきましたので

改めてそんなところにも目を向けて行きたいな。と。

 

sample style と  lookbook にはお互いにそうした意味で微妙な違いがあり、或いは微妙にリンクするコンテンツかと思います。

 

それぞれをそんな視点の中で捉え方や映り方に違いを感じながら楽しんでみて下さい。

 

 

 

商品へのご質問やその他お問い合わせは コチラ もしくは mail からお気軽にどうぞ。