本日はだいぶ春らしさが感じられた札幌。少しくらいの薄着でも日中は問題ないような外気温でした。

 

気分的にもそろそろメインになってきそうな軍物を2点ピックアップしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

043

 

 

 

 

 

 

 

 

 

039

 

 

 

 

 

 

 

106

 

 

 

 

 

80年代のUSミリタリー

 

一見すると「ジャケット」という表現の方が正しいように感じてしまいますが

 

liner , shirts , chemical protective

 

と表記されるように、科学防護服の中に着用するライナーのシャツ。というカテゴリです。

 

ボタンで留める前立てのデザインに工夫があり、向かって左側のボタンホール側からボタンを締め

その後、覆い被せるように反対側を締めるシステム。

 

そもそもの用途からも想像できますが、ポケットはもちろん、デザイン的な部分は一切何もない簡素な見た目です。

 

袖の作りがニットリブ式になっている点は地肌への進入と、その直接的なダメージを極力軽減しようというアイディア。

 

生地自体に少しオイルが加えられているような肌触りを感じるのは、この手の被服によくある特徴的な様子です。

 

本来の使用用途はあまり気にせず(当たり前なんですが)

Tシャツなどの上から前開きで羽織ってあげるのが着用の仕方として理想的なように思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

083

 

 

 

 

 

 

 

095

 

 

 

 

 

 

 

101

 

 

 

 

 

もう1つはUK物

 

打って変わってこちらはしっかりシャツ。少々意外というのはこちらはパジャマという点ではないでしょうか。

 

 

夏の爽やかな空の色を思わせるような爽快な色合い。

ミリタリーホスピタルで人々の精神的ケアを考慮しても目に入る色として不快感を感じないのは明らかです。

 

生地はブロードで光沢感があり、パジャマらしからぬ高級感があります。

 

そういう意味ではちょうどドレスシャツとパジャマシャツの魅力的な箇所を重ね合わせたような仕上がりで

れに比例してストレスが掛からない着心地、肌触りと抜群のシルエット。

 

こちらはdead stockでの入荷です。

 

 

 

 

 

どちらのシャツにも言えることではありますが、特別感はないので露出が少なく、分かりにくいラインの洋服ですが

出会えそうでなかなか出会えない部類ではないかと思います。

 

そういう意味でのオススメ。というのは勿論ありますが、

それと同時にその完成度と衣服としての具体性が高いのはやはり魅力的です。

 

ぜひ実際に店頭でご覧になってみて下さい。

 

 

 

商品へのご質問やその他お問い合わせは コチラ もしくは mail からお気軽にどうぞ。